骨盤矯正・産後の骨盤矯正

当院の治療は小林式背骨矯正法です!

小林式背骨矯正法とは

背骨の歪みを正すことで筋肉・関節にかかる負担を軽減する治療法です。
創始者の小林英健先生が学んだ「サイタ式骨盤調整法」「南條式脊椎矯正法」「磯谷式力学療法」から、それぞれの長所を組み合わせて再考した治療法が小林式背骨矯正法です。

自然治癒力を高める

健康な人間の身体には、病気やケガなどの不調を自らの力で回復しようとする「自然治癒力」が備わっています。患者さまが「治したい!」と強い気持ちを持っているときは、身体も「治りたい!」と治癒力を高めている時ですから、不調からの回復も早くなります。

正しい姿勢の重要性

人間の骨格の中心には、骨盤という土台の上にブロック状になった骨が積みあがった背骨があります。この背骨が歪んでいると、身体を支える筋肉に過度な負担がかかり、血液循環が悪くなったり背中や肩のコリを引き起こしたりします。さらに症状が進むと、筋肉や骨の歪みが神経を圧迫して、手足のしびれや麻痺、痛み、内臓機能の低下などの症状として現れることもあります。

歪みの原因

生活環境や姿勢や歩き方・立ち方の癖が毎日繰り返されることで、少しずつ歪みやねじれが大きくなったものがほとんどです。
突発的なものとしては、ぎっくり腰や寝違え、スポーツや事故によって瞬間的な衝撃が一カ所にかかった時に、骨や筋肉が歪むことがあります。

治療の継続

当院の治療は、医学的理論に基づいた骨と筋の力学や習性を利用した矯正治療です。治療時に骨が動けば、1回の治療で痛みやしびれが軽減されることも珍しくありません。
治療後は神経が活発に動き出して血流が良くなるため、「身体が軽くなった」「頭がスッキリした」と爽快感を覚える方や、反対に「ねむけ」や「だるさ」を感じる方もいらっしゃいます。
初めての治療後に痛みや重だるさを感じることがありますが、骨のバランスが変わって正しい姿勢に変わる際に起こる症状なのでご安心ください。
また、時間が経つと、正しく矯正された骨が今までの筋肉の癖に引っ張られて、ずれた状態に戻ろうとするため痛みやしびれなどの症状が戻ることがあります。治療を継続して正しい位置に『背骨』が落ち着けば、症状は安定します。
治療効果を高めて、後戻りさせないためにも、指示された回数を受診するようにしてください。

治療後の痛み

骨盤や背骨の歪みが大きい方や、長期にわたって放置していた方では、それまで痛みのなかった部分が治療後に痛み始めることがあります。これは〝瞑眩(めんげん)反応〟といって、骨を支える組織や神経が刺激されて起こる症状です。
この反応は、関節が歪んだ状態で固定化されていない証明で、治癒の可能性が高いと考えてください。

予防

矯正治療によって骨を正しい位置に整えた後も、ストレスや姿勢の癖などによって、再び悪い位置へと戻ろうとします。歪みを繰り返さない為には、日頃から適度な運動とバランスの良い食事、十分な睡眠を心掛けるようにしましょう。
正しい姿勢、健康維持のためにも、定期的に検査・施術を受けることをおすすめします。

産後の骨盤矯正

<こんなお悩みはありませんか?>
神経痛、関節痛
生理痛
身体の歪み
下半身のむくみ
冷え症、便秘
猫背
下腹
姿勢が悪い

 

赤ちゃんの出産した後、骨盤の位置や向きが正常の位置に戻らないまま放置されると、上記の症状が出てくることが頻繁にあります。
当院では、出産から2カ月目以降から10ヶ月目くらいまでの方を対象に、「産後の骨盤矯正」に対応しております。


お客さまにより効果を感じ頂くために、ビフォーアフターの変化を確認して頂いております。
また「痛くない」施術を心がけております。