やわら整骨院ブログ

2019.08.27更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院です!
前回から肩こりについて書かせてもらっていましたが、肩こりの原因もいくつかあります。
そこで今回は「心因性のストレス」が原因となって起こる肩こりについて書かせていただきます。
・日常生活でのストレスや悩み、怒りや不安を抱えている。
・完璧主義(人一倍責任感が強く、几帳面で真面目)
・精神的に緊張した状態が続く
・内向的な性格
・うつ傾向

 

この場合ストレスの原因を取り除くことが一番です。
ストレス解消の手段としておすすめなのはスポーツや運動(体を動かす、汗をかく)です。
具体的にはヨガやウォーキングです。血行もよくなり、また体を動かすことに集中するので日頃の悩みを忘れることができ、気持ちのオンオフの切り替えができます。

 

またストレスは日常生活のちょっとした工夫で解消することができます。
・落ち込んでいる時こそコミュニケーション(会話)をする
・人に期待しすぎない
・謙虚な心構えでいる
・気持ちのスイッチのオンオフを切り替えられる好きなことを見つける
・生活に笑いを取り入れる
・睡眠の質を高める
・ペットを飼ってみる

このようにしてストレスを上手にコントロールしながら、またはストレスと上手く付き合いながら日常生活を送っていただくことで、少しでも体への負担を減らしていきましょう。

 

その際の体の不調やアドバイス等はやわら整骨院にお任せください!

 

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102

tel:078-934-8880

 

Instagramも覗きにきてくださーい↓

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

LINEからのお問い合わせも可能です↓

https://line.me/R/ti/p/%40nus5251h

投稿者: やわら整骨院

2019.08.20更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院です。
今回は国民病の一つ「肩こり」についてのお話させていただきます。
肩こりは今や国民の半分以上が感じていると言われています。
皆さんや皆さんの周りの方でも肩こりを訴えている方は多いのではないでしょうか。

まず肩こりはどうして起こるの?
肩こりの原因
肩こりの原因は様々であり、数多くの要因により誘発されます。
分類していくと、次のようになります。

・無理な姿勢、不良姿勢が原因となっている
・肩こりになりやすい体型である
・心因性のストレスが原因となっている
・眼精疲労、疲れ目が原因となっている
・背骨や関節の異常が原因となっている
・病気が原因となっている
・女性特有の病気が原因となっている
・歯の嚙み合わせによるもの

今回はこの中でも最も多い
「無理な姿勢、不良姿勢」が原因となるものについて考えていきたいと思います。
これらの代表例として、
アンバランスな机と椅子、足を組んだり前かがみでのデスクワーク、合わない枕、いわゆる猫背姿勢での日常生活 etc…

更にこの中でも整骨院で治療できるものの代表として、猫背姿勢の改善があります。
そもそも正しい姿勢とはどんなものなのでしょうか?
ここで説明していきましょう。

人間は背骨の生理的湾曲(S字カーブ)が自然に描かれている状態が望ましいとされています。
S字カーブとは、ご自身で分かりやすいチェック方法は
自分の体を横から見て「耳たぶ」→「肩の中央」→「くるぶし」を結んだ線が地面に対して垂直になっていることが理想的です。
これを良い姿勢として認識できていれば、不良姿勢が逆にわかりやすいと思われます。

また自分では分かりにくい、どうチェックしてよいかわからない、という声をよく伺います。整骨院では正しい姿勢をレクチャーし、更にどの筋肉、関節が原因なのかをお伝えして改善することが可能です。
気になる方は、ぜひ一度当院までお問い合わせください。

 

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102

 

Instagramも覗きにきてくださーい

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

LINEでのお問い合わせも可能です

https://line.me/R/ti/p/%40nus5251h

投稿者: やわら整骨院

2019.08.17更新

こんにちは、やわら整骨院です。

8月になってますます気温も上がり、寝苦しい日が続きますが、お身体の調子はいかがでしょうか?
今回は膝蓋靱帯炎 (ジャンパー膝)について書かせていただきます。
膝蓋靱帯炎とは膝蓋腱(膝のお皿の下の腱)や大腿四頭筋(太もも前面の筋)の炎症で痛みが発症します。
特にバレーボールやバスケットボールなどのジャンプ動作を繰り返したり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作で膝を酷使することにより起こります。

発症のメカニズムとしては、ジャンプやダッシュで膝関節を頻繁に曲げ伸ばしすることで、膝蓋腱に繰り返し過度な伸張ストレスがかかり、腱が損傷していきます。それが続くことで、腱の変形や炎症が起き、痛みが強くなってきます。

 

当院での治療としては、太ももの前面の筋肉が膝蓋靱帯を引っ張り、痛みを引き起こしているので、太ももの前面の筋肉をしっかり緩め、超音波や高周波で患部の炎症を抑えたりなどしていきます。また骨盤の歪みを取ることで、姿勢や足の長さの左右差を整え、それによって体の使い方を正し、膝に過剰な負担がかかってしまっている原因を取り除きます。

 

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)を起こしている選手は痛みをかばったり我慢しながらプレーを続けていることが多いのですが、痛みをかばいながらプレーをしていると、身体が歪んできたり、他の箇所に痛みが出てきます。
痛みのある方はできるだけ早めの治療と安静をオススメします。

 

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-8880

 

Instagramも覗きにきてくださーい!

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

LINEからのお問い合わせも可能です!

https://line.me/R/ti/p/%40nus5251h

 

 

投稿者: やわら整骨院

2019.08.05更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院です。

まだまだ暑い日が続いていて、皆さん体調は崩されていませんか?

少し前に良い汗と悪い汗について書かせていただきましたので、今回は良い汗のかき方について書いていきます。

まず、良い汗とはミネラルがしっかり再吸収された塩分濃度の低い汗ですが、普段汗をかかない生活をしている人は、汗腺の機能が衰えてしまっていて、ミネラルを再吸収できず、塩分濃度の高い汗となってしまいます。
人間の身体の機能というのは、使わないとどんどん衰えてしまうので、汗腺も同じように使わないと衰えてしまいます。
なので、良い汗をかくにはどうしたらいいかというと、体温の上昇とともに自然と汗をかくことが大事になってきます。
暑いからといってエアコンをガンガンつけたり、全く運動をすることがないと、汗をかくことがほとんどないので、汗腺はみるみる衰えていきます。

 

このような生活を送っていて、汗腺の機能が衰えてしまった方の対処方法としては次のようなものが挙げられます。
・手足の高温浴
浴槽に熱めのお湯を浅く溜めて、手足だけを10分~15分温めます。体勢が辛い場合は足首だけでも大丈夫です。
特に衰えやすい手足の汗腺のみを活性化させ、全身浴でどっと出る汗と違って効率よく体温調節ができます。

・半身浴
手足の高温浴の後に少し水を足して、38度くらいのぬるま湯で半身浴をします。
ぬるま湯で半身浴をすることで、のぼせることなく体の芯から温める事ができ、さらさらとした良い汗をかくことができます。

 

汗をかくのは悪い事ではありません。むしろ上手にかくことで健康になります。
普段から汗をかく習慣をつけて、汗腺が衰えないようにしていきましょう。

 

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-8880

 

Instagramも覗きにきてくださーい!

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

LINEでのお問い合わせも可能です

https://line.me/R/ti/p/%40nus5251h

投稿者: やわら整骨院