やわら整骨院ブログ

2017.04.12更新

肩こり・肩の痛みなどが現れる代表的な疾患とその症状についての続きになります。

⊡変形性頚椎症
…無自覚の場合もあり、初期では肩こりや首の痛みなど。症状が進むにてれて、肩や腕の痺れ・後頭部に痛みが現れたり、動かす方向によっては首が痛くなったりする場合もあります。
さらに症状が進むと、手がしびれてボタンかけのような細かい作業ができなくなり、足の痙攣や痺れに伴う歩行障害、排尿障害が出ることもあります。
原因としては、頸椎の老化に関係し、椎骨と椎骨の間にある椎間板が薄くなったり、椎骨のふちに骨棘が出てくるため、周囲の組織である脊髄や神経根、血管を圧迫することが原因といわれています。

⊡頸椎ヘルニア
…首が動かせなくなるような痛みで始まることが多いですが、首のほかにも、肩・上腕・肩甲部の痛みや痺れ、脱力感が生じます。また、痛みや痺れは、腕から手にもその症状が現れます。重度になると、両手や下半身まで及び、物がつかみにくい・物を良く落とす・足がつっぱる・歩きにくいなどの症状へ進行することもあります。
(原因)
ヘルニアとは「飛び出す」という意味です。椎間板ヘルニアとは、文字通り中身である髄核が飛び出してしまう症状です。20歳代から始まる椎間板の「加齢的変化」や、「不良姿勢」などの背骨にかかる負荷の積み重ねのより、線維輪がふくらんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。この結果、脊髄や神経根を圧迫して症状が現れるのです。
好発部位として、C5/6(頸椎5番と6番)、C6/7(頸椎6番と7番)の椎間板が挙げられます。

⊡後縦靭帯骨化症
…無症状で自覚症状のない場合もありますが、手足に痛み痺れが挙げられ、ペンや箸がうまく使えないなどの手指の細かい作業がしづらく、足がつっぱって歩きにくいなどの症状が起こる。さらに排尿排便異常などの重い症状を伴う場合もあります。
(原因)
元来、柔らかいはずの後縦靭帯が何らかの原因になって骨化して肥厚し、頸椎や神経根を圧迫するため様々な障害を起こすものです。また、なぜ骨化するのか原因はよくわかっておらず、中年以降や糖尿病の人に多く発生頻度が高いという調査結果が報告されています。

⊡むち打ち症
…衝撃後、数時間~翌日になって首が動かしづらい、動かすと痛い、押すと痛いなどの痛みや、熱、頭が重い感じなどの症状がみられます。衝撃の度合いにより、症状も様々で、肩こりやこわばりの軽度のものから、後頭部や腕の痺れ、首や背中が動かしづらい、めまい・吐き気・全身の倦怠感、腰痛、視力障害、耳鳴りなどが起きることもあります。
(原因)
交通事故や、サッカーラグビーなどのコンタクトスポーツ中の接触事故などの衝撃により、首の部分が鞭がしなるように前後に連続して大きく動くために、筋肉、靭帯、血管、椎間板などが損傷されるものです。損傷の多くは「頸椎捻挫型」になります。

むち打ち治療(交通事故)は当院独自のメソッドがあり得意としている治療の一つです。
ぜひ一度ご相談ください。

投稿者: やわら整骨院

2017.04.12更新

肩こり・肩の痛みなどが現れる代表的な疾患とその症状についての続きになります。

⊡変形性頚椎症
…無自覚の場合もあり、初期では肩こりや首の痛みなど。症状が進むにてれて、肩や腕の痺れ・後頭部に痛みが現れたり、動かす方向によっては首が痛くなったりする場合もあります。
さらに症状が進むと、手がしびれてボタンかけのような細かい作業ができなくなり、足の痙攣や痺れに伴う歩行障害、排尿障害が出ることもあります。
原因としては、頸椎の老化に関係し、椎骨と椎骨の間にある椎間板が薄くなったり、椎骨のふちに骨棘が出てくるため、周囲の組織である脊髄や神経根、血管を圧迫することが原因といわれています。

⊡頸椎ヘルニア
…首が動かせなくなるような痛みで始まることが多いですが、首のほかにも、肩・上腕・肩甲部の痛みや痺れ、脱力感が生じます。また、痛みや痺れは、腕から手にもその症状が現れます。重度になると、両手や下半身まで及び、物がつかみにくい・物を良く落とす・足がつっぱる・歩きにくいなどの症状へ進行することもあります。
(原因)
ヘルニアとは「飛び出す」という意味です。椎間板ヘルニアとは、文字通り中身である髄核が飛び出してしまう症状です。20歳代から始まる椎間板の「加齢的変化」や、「不良姿勢」などの背骨にかかる負荷の積み重ねのより、線維輪がふくらんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。この結果、脊髄や神経根を圧迫して症状が現れるのです。
好発部位として、C5/6(頸椎5番と6番)、C6/7(頸椎6番と7番)の椎間板が挙げられます。

⊡後縦靭帯骨化症
…無症状で自覚症状のない場合もありますが、手足に痛み痺れが挙げられ、ペンや箸がうまく使えないなどの手指の細かい作業がしづらく、足がつっぱって歩きにくいなどの症状が起こる。さらに排尿排便異常などの重い症状を伴う場合もあります。
(原因)
元来、柔らかいはずの後縦靭帯が何らかの原因になって骨化して肥厚し、頸椎や神経根を圧迫するため様々な障害を起こすものです。また、なぜ骨化するのか原因はよくわかっておらず、中年以降や糖尿病の人に多く発生頻度が高いという調査結果が報告されています。

⊡むち打ち症
…衝撃後、数時間~翌日になって首が動かしづらい、動かすと痛い、押すと痛いなどの痛みや、熱、頭が重い感じなどの症状がみられます。衝撃の度合いにより、症状も様々で、肩こりやこわばりの軽度のものから、後頭部や腕の痺れ、首や背中が動かしづらい、めまい・吐き気・全身の倦怠感、腰痛、視力障害、耳鳴りなどが起きることもあります。
(原因)
交通事故や、サッカーラグビーなどのコンタクトスポーツ中の接触事故などの衝撃により、首の部分が鞭がしなるように前後に連続して大きく動くために、筋肉、靭帯、血管、椎間板などが損傷されるものです。損傷の多くは「頸椎捻挫型」になります。

むち打ち治療(交通事故)は当院独自のメソッドがあり得意としている治療の一つです。
ぜひ一度ご相談ください。

投稿者: やわら整骨院

2017.04.06更新

明石大久保のやわら整骨院です。

今回は膝の外側の痛みについてのお話です。

膝の外側に痛みを感じる人の多くは、歩き始めの屈伸時や、高低差のある場所を歩行した際に痛みを感じます。

基本的な原因は、重心が外側の一部に集中することで負担がかかり、炎症を起こす為です。

マラソン・ランニングなどの長時間の歩行を有する運動は、脚に負担がかかりやすいために痛みの原因となる場合があります。

また、卓球・テニス・野球などは横方向への体のひねりが多いスポーツを続けている人は、痛みを感じることがあります。特に、X脚の方は左右の重心がアンバランスなために、過剰な膝のねじれが影響で痛みを抱えやすいです。

病態の代表的なものとしては、

腸脛靭帯炎、有痛性分裂膝蓋骨、外側側副靭帯損傷、外側半月板損傷などがあります。

詳しくは次回お伝えします。

投稿者: やわら整骨院

2017.04.05更新

肩こり・肩の痛みなどが現れる代表的な病気や、簡易的な鑑別法と症状とその治療法について。


⊡頚肩腕症候群
…さまざまな原因によって、首、肩、腕にかけてのつっぱり感や痛み、しびれなどはっきりとした診断がつきにくい症状の総称です。
症状としては、肩こり・頭痛・上肢の痛みや痺れ・めまいなどが挙げられます。
原因についても、頸椎椎間板の異常、首・肩の筋肉の疲労、ストレス、内臓疾患など様々で
打撲による外傷、むち打ち症のあとや、首や肩に負担のかかる長時間同じ姿勢による特定の筋の疲労によるものが多くみられます。

⊡肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
…特に原因もなく自然に肩が痛み、腕が上がらなくなるなど、老化とともに肩関節が痛んだり、動きが以前より悪くなるものです。
症状としては「肩が上がらない」「夜間に痛みが走る」「動作開始時に痛む」など
原因は、肩関節周辺の筋・腱・靭帯・関節包などの組織が炎症・拘縮を起こすことによります。痛みや炎症は、周囲筋を固くしてスムーズな動作を阻みます。さらにこれが痛みを増強させ、より動かしにくくなるという悪循環が繰り返されるのです。

⊡胸郭出口症候群
…はじめに、胸郭出口とは、「鎖骨と一番上の肋骨の間にある間隙」のことを指し、この間隙が狭くなることにより、そこを通っている神経や血管を圧迫するために、肩・腕に様々な症状が出るもの。特徴として「手を上にあげると痛みが起こる」が挙げられ、症状として」多いのは「肩や首の凝り・痛み」「腕から手にかけての痺れだるさ」があります。
なで肩の女性に多く見られる傾向があるともいわれ、姿勢の悪さや精神的なストレスが加わると起こりやすいと考えられています。

症状の紹介は次回に続きます。

投稿者: やわら整骨院

2017.03.27更新

今回は「肩こりを起こしやすい体型」についてですnamida


ここでは頸、肩関節がとても重要になってきます
頸椎の特徴は、胸椎や腰椎に比べて前後左右、捻じるなど、可動域が大きい部分です
可動域が大きいのと同時に、人間の成分では3~4kgもある重い頭部を支えるという役目も担っています。この重い頭部を支えながら、前後左右、捻じるなどの動作をしなくてはならないため、頸椎には絶えず負担がかかり続け、その結果頸椎を支える特定の筋肉に疲労が生じ、肩こりの原因になります。
肩関節も同様に負担がかかる役割を担っています。
肩関節はそれぞれ左右7つの関節が連動しており、様々なバリエーションで大きい動きをします。そして、頸椎同様に重い腕を支えながらさまざまな動きをする結果、五十肩など肩関節の故障を引き起こします。

また筋肉に着目すると、肩こりに最も深くかかわる筋肉は「僧帽筋」であるといえます。
この僧帽筋が担う役割は、重い頭の角度を保つとともに、上体を起こしている間、左右合わせて10kgにもなる腕を支えるなど、日常生活でも酷使されるため、疲労がたまりやすいのです。特に、なで肩で筋力の弱い女性にとっては、とても疲労がたまりやすい筋肉だといえます。
さらに猫背のように、頭の位置が前に出ると、当然頭の重心が前へ移ります。このとき、肩や首の筋肉は、正常な姿勢に比べ、その位置を支えようとして余計に疲労してしまい肩こりを引き起こしてしまうのです。このことは、猫背気味の人に肩こりが多いといわれる所以でもあります。

最後に、今回ご紹介した関節の痛み、猫背の矯正は当院で治療することができます。
お気軽にご相談くださいnico

投稿者: やわら整骨院

2017.03.27更新

明石大久保のやわら整骨院です。

今日は膝の内側の痛みです。

O脚の人や変形性膝関節症の場合は、ほとんどが内側に痛みが出現してきます。

症状として、膝の内側に起こる痛みで、歩き始めや次の動作に移ろうとする時に痛むのが特徴です。

また膝の内側を押すと激痛が走るのでわかりやすいと思います。

進行すると、次第に慢性化し膝関節が変形してしまいます。

変形が進むと正座が困難になったり、ほんのわずかなことで膝に水が溜まったりします。

原因としては左右のアンバランスや踵重心からくる浮き指により下肢が外側に捻れてしまうことです。

結果、足底のアーチが崩れ扁平足となり、内側に過剰な衝撃が加わり痛み出ます。

治療としては、痛みが激しい時は出来るだけ荷重をかけずに安静にします。

そして足底からの過剰な衝撃と下肢の捻れを抑えるためにインソールで足のアーチを形成し、痛みにより弱化した筋肉を鍛えていくことにより症状は良くなっていきます。

 

 

投稿者: やわら整骨院

2017.03.18更新

明石大久保のやわら整骨院です。

今回は膝の裏の痛みです。

立ち上がった時や正座をした時、膝を伸ばすと痛いなど膝周辺の痛みでも膝裏の痛みにお悩みの方は多いです。

これからそんな膝裏の痛みの原因と対処法についてご説明していきます。

1つ目に膝裏が痛い原因として、膝窩筋や腓腹筋、ヒラメ筋などの膝裏についている筋肉で痛みが出ていることが考えられます。

歩き方や立っている時のバランスが崩れていたり、先に挙げた筋肉に負担がかかる事によって筋肉が硬くなると血流など循環が悪くなり、痛みが出始めて更に筋肉の伸び縮みが悪くなると症状が長期化して行きます。 

2つ目は、ベーカー嚢腫という膝の裏側の関節包という袋に関節の動きを良くする滑液がたまって、突出した結果として生じる嚢腫が挙げられます。

滑液がたまる原因には、関節リウマチ、変形性関節症、膝の使いすぎなどがあります。

ベーカー嚢腫があると、膝の裏側に不快感や痛みを感じる事があります。


先に挙げたような原因で膝裏に筋肉の腫れや嚢腫があると、正座や屈伸など膝を曲げる時に膝裏でつまってしまうので、曲がりづらさや痛みを感じます。

筋肉が原因の場合は、筋肉を緩めて腫れやむくみを取る事で症状が徐々に軽減していきます。

ベーカー嚢腫の場合は、嚢腫が大きくなり過ぎると膝裏の痛みや正座や屈伸に支障が出るので注射で抜くか嚢腫の摘出術の適応となる場合があります。

 

 

投稿者: やわら整骨院

2017.03.17更新

今回は肩こりの3回目

「眼精疲労及び疲れ目」が肩こりを引き起こす?
度数が合わない、調整不良の眼鏡やコンタクトレンズ使用していると「血行障害」「不良姿勢」のもとになり、肩こりの原因になります。定期的に、視力検査を受け、自分に合った眼鏡、コンタクトレンズの使用を心がけましょう。


眼鏡やコンタクトレンズは、一度作ってしまうと壊れるまで何年も同じものを使用してしまう人が多いのではないでしょうか?
しかし、度数が合わなかったり、調整不良の眼鏡やコンタクトレンズを使用していると、目周辺の筋肉の負担が増え、眼精疲労を引き起こすだけでなく、更には首、肩周辺の血行障害を引き起こし肩こりや頭痛を生じさせます。
また、これらの調整不良の眼鏡やコンタクトレンズは、「不良姿勢」をも生み出し、肩こりの原因にもなるのです。
このことは、度数が合わない眼鏡やコンタクトレンズを使用している方の多くは、物が見えづらいため知らず知らずのうちに、顎を突き出し、物に顔を近づけて見るような不良姿勢を作り出すからです。
少しでも合わない…と感じたら、眼鏡の検査は健康保険もききますので、保険証を持って眼科を受診するなど、信頼のおける眼科店で調整してもらうことをお勧め致します。

最後になりましたが、眼精疲労、疲れ目は鍼灸治療がとても有効的です。
悩んでおられる方は是非一度お試しください。

投稿者: やわら整骨院

2017.03.11更新

膝前面の痛みの代表的なものにオスグッド・シュラッターというものがあります。

中学生くらいの学生が、サッカーや陸上など走ったり跳んだりするスポーツを毎日行っていると、膝の下(脛骨粗面)の骨が隆起し、そこを押したり、正座をして床にあたった時に激痛がするなどの症状があります。進行すると、膝を曲げたりジョギングをしただけでも痛みが起こります。

 

原因としてはサッカーや陸上などで、膝を曲げ長時間スポーツをしていると、大腿四頭筋に加わる負担が大きくなります。さらにそこへ、指上げ足(浮き指)による『指上げ歩き』のままスポーツをすることにより、大腿四頭筋にかかる負担は何倍にも増えてしまうのです。これが、同じスポーツ・同じ運動量・同じ年齢にも関わらず、痛みが起こる人と起こらない人との差です。いくら長い時間激しいスポーツをしていても、これらのバランスが整っている人には、痛みは出ません。
このように、大腿四頭筋が常に緊張状態にあると、筋肉は柔軟性を失い、その結果、膝のお皿の下にある膝蓋靭帯を持続的に引っ張ることとなり、成長途中にある付着部の軟骨が徐々に引き剥がされて、隆起してしまうのです。

 

治療としては、負担度より安静度が上回る患部の安静固定と、足底の調節、大腿四頭筋の柔軟性をつけることにより痛みは消えていきます。

 

投稿者: やわら整骨院

2017.03.06更新


今回は「心因性のストレス」が原因となっている肩こりについてです。
・日常生活でのストレスや悩み、怒りや不安を抱えている。
・完璧主義(人一倍責任感が強く、几帳面で真面目)
・精神的に緊張した状態が続く
・内向的な性格
・うつ傾向

この場合ストレスの原因を取り除くことが一番です
ストレス解消の手段としておすすめなのはスポーツや運動(体を動かす、汗をかく)です
具体的にはヨガやウォーキング。血行もよくなり、またからだを動かすことに集中するので日頃の悩みを忘れることができ、気持ちのオンオフの切り替えができます。

またストレスは日常生活のちょっとした工夫で解消することができます。
・落ち込んでいる時こそコミュニケーション(会話)をする
・人に期待しすぎない
・謙虚な心構えでいる
・気持ちのスイッチのオンオフを切り替えられる好きなことを見つける
・生活に笑いを取り入れる
・睡眠の質を高める
・ペットを飼ってみる

このようにしてストレスを上手にコントロールしながら、またはストレスと上手く付き合いながら日常生活を送っていただくことで、少しでも体への負担を減らしていきましょう。


その際の体の不調やアドバイス等はやわら整骨院にお任せください。

投稿者: やわら整骨院

前へ