やわら整骨院ブログ

2018.11.10更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院です!

気温も徐々に下がっていき、みなさん体調は崩されてないですか?

やわら整骨院では少し早いですが昨日から外観、院内はクリスマス仕様に模様替えしました❗️

おそらく大久保1早いクリスマスモード突入ではないでしょうか(笑)

 

さて気温が下がっていき、この時期当院に来られる患者さんで多いのは急性腰痛、『ギックリ腰』です。

そこで今回はギックリ腰にならないようにするためのトレーニングをお伝えします。

 

腰痛は今や「国民病」と言われていて、何かしらの腰痛で悩まされている人は日本全国で4人に1人と言われています。

腰痛の原因は様々なのですが、ほとんどの原因が筋力低下や筋肉の柔軟性の低下が考えられます。
骨格を支えている体幹部の筋肉(腹筋や背筋)の筋力低下、骨盤周りの筋肉(太ももの前、後ろ、お尻)の柔軟性の低下によって、猫背や反り腰などの悪い姿勢になってしまったり、骨盤の動きが悪くなってしまったりして腰に過度なストレスが加わり腰に痛みが出てきます。
それを改善、予防するためには体幹トレーニングをしたり、下半身の筋肉のストレッチをすることがとても大事になってきます。
トレーニングの種類はたくさんあるのですが今回は腹筋を鍛えるトレーニングを1つ紹介させていただきます。

腹筋の中でも姿勢保持に大事な横腹(腹斜筋)を鍛えるトレーニングをお伝えします。

 

サイドプランク

サイドプランク

 

まず右手を下で横向きで、右肘を肩の真下について上体を起こします。
両足はしっかり揃えます。
両足を揃えてキープするのが難しい方は上の方の足を前に出し3点支持で行いましょう。

 

サイドプランク

余裕がある方は左手をあげると負荷が上がるのでやってみてください!

 

サイドプランク

まだ楽な方は左足もあげるとさらにきつくなるのでチャレンジしてみてください!

 

左右交互30秒×3を目安に行いましょう。

 

肩こり、頭痛、背中の痛み、腰痛、膝痛、交通事故治療、骨盤矯正、産後の治療でお困りの方は当院までお問い合わせください❗️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-8880

Instagramも覗きにきてくださーい❗️

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

投稿者: やわら整骨院

2018.10.27更新

こんにちは、明石市大久保町のやわら整骨院です。

10月も来週で終わりと思うと、あっという間だったなーと思う今日このごろです。

今年もあと約2ヶ月ですがこれから寒い時期に差し掛かりますので、今のうちに調子を整えておきたいものですね

さて、今日は骨盤の傾きがもたらす身体への悪影響について書きたいと思います。

骨盤はいろいろな方向に歪みますが、今日は左右への歪みが起こるとどうなるかについてです。

首や肩、腰、足、すべての部位で、骨盤の左右の傾きが与える影響はいろんな関節に影響を与えます。

人間は直立二足歩行を続けるためには、左右でバランスを取る必要があります。

バランスが崩れてくると筋肉に無理な緊張がかかり、痛みやだるさに繋がります。

歩く時に片方の足は動きにくい、リュックを背負った時に片方がよくずり落ちる、

肩が上がりにくい。といった方は要注意です。

そのような症状でお悩みの方は明石大久保町のやわら整骨院までご相談下さいね。

 

 

肩こり、腰痛、頭痛、背中の痛み、膝痛、産後の骨盤矯正、交通事故治療などでお困りの方は当院までお問い合わせください‼️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

Instagramも覗きにきてくださいねー!

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-888

投稿者: やわら整骨院

2018.10.25更新

こんにちは、明石市大久保町のやわら整骨院です。

今日は朝から冷えましたねー

朝布団から出るのが辛い今日このごろです、、、

 

さて、今日は睡眠についてブログを書きたいと思うのですが、まず、眠る前の前段階の

眠る環境を整える事について書いていきます。

 

 

眠る環境を整えるとは?

このブログを読んでくださっている方の中にはベッドの近くにお菓子や漫画や仕事に使う物など

を置いてはいないでしょうか?

また、テレビをつけたまま眠ってしまったり、電気をつけたまま眠ったりしていないでしょうか?

寝室がこのような状態の方は要注意です、、、

なぜ要注意かといいますと、、まず眠るところに作業するものが置いてあると、脳が「ここは眠る場所ではないんだ」

と認識してしまいますので、睡眠の質が低下してしまいます。

ですので、眠る時に直接関係のないものは寝室から遠ざけるようにしましょう。

次に、電気をつけたまま眠る事は「メラトニン」と呼ばれる睡眠に関与するホルモンが正常に機能しにくい

状態となってしまいます。

ただ、真っ暗で眠るのは苦手という方は、足元に間接照明を置くようにして対応する様にして下さいね

たかが睡眠と思われるかもしれませんが、人は人生の3分の1の時間を眠りに費やしています。

寝具や睡眠の環境、寝間着などにこだわって自分の寝心地良い環境を作って下さいね。

 

睡眠がしっかりとれていないと筋肉や身体の不調に繋がります

肩こり、腰痛、頭痛、背中の痛み、膝痛、産後の骨盤矯正、交通事故治療などでお困りの方は当院までお問い合わせください‼️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

Instagramも覗きにきてくださいねー!

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-888

 

投稿者: やわら整骨院

2018.10.24更新

こんにちは、明石市大久保町のやわら整骨院です。

最近また朝夕の寒暖差が大きくなってきましたね。このブログを読んでくださっている皆様におかれましては

体調を崩されない様にご自愛下さいね。

今日は姿勢とそれに関する肩の症状についてブログを書きたいと思います。

皆さん「いかり肩」「なで肩」といった肩が関係する姿勢の状態は聞いた事はあるのではないのでしょうか?

この、「いかり肩」「なで肩」には男女でなりやすさに違いがあるのです。

男女比では男性は「いかり肩」女性は「なで肩」が多い傾向にあると言われています。

 

ここで、「いかり肩」と「なで肩」の特徴について書きたいと思います。

 

いかり肩

いかり肩は肩が地面の方向に落ちようとする重力の力に対して首や肩の僧帽筋といった筋肉が必要以上に

反応して肩が上がってしまっているような姿勢となります。

このいかり肩は、首の筋肉や肩の筋肉が過緊張を起こし、神経を圧迫して痛みを発生させやすいのです。

 

なで肩

なで肩は、いかり肩に対して肩が下がって見える姿勢なのですが、肩が重力で地面の方向に落ちようとする力に

筋肉が対応できず、腕や肩甲骨の重みによって神経が引き伸ばされてしまい神経症状が出てしまいます。

 

 

いかり肩では神経や筋肉を圧迫してしまい、なで肩では筋肉の弱化により神経や筋肉に牽引力がかかります。

このような状態が続くと筋肉に負担がかかり、痛みのもととなるトリガーポイントが形成されてしまいます。

この状況をつくりだしているのは普段の姿勢と筋力の低下が原因と言われています。

大久保のやわら整骨院では、痛みやコリをとって症状を改善するのはもちろんのことですが、

姿勢やお身体の歪み、筋力低下に対してもアプローチしていきます。

最近疲れがとれにくくなってきたなどのどんな悩みでも結構ですので、お身体に不安がございましたら

明石市大久保町のやわら整骨院までご相談下さいね☆

 

肩こり、腰痛、頭痛、背中の痛み、膝痛、産後の骨盤矯正、交通事故治療などでお困りの方は当院までお問い合わせください‼️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

Instagramも覗きにきてくださいねー!

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-8880

 

 

 

 

投稿者: やわら整骨院

2018.10.20更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院の宇治山です‼︎
徐々に気温も下がっていき皆さん体調は崩されていませんか?
この時期は気温が下がっていき筋肉が固まってきやすくなります。
そこで重要になってくるのはストレッチです!
皆さんもテレビや雑誌などでもストレッチは大事ですというフレーズは何度も耳にした事はあると思います。でも正直なぜ大事なのかということが詳しく説明するのは難しいのではないでしょうか。
そこで今回はストレッチの重要性を中心に書かせて頂きます!

ストレッチ

 

 

現代の日本人の生活は、デスクワーク、立ちっ放しでの接客、首を曲げてのスマホ使用、家事・子育てなどによる長時間の姿勢維持が多くなっています。
その為、筋肉が硬直し、血流が悪くなり、その結果、酸素や栄養の供給が減少し老廃物や疲労物質が体内に溜まってしまうので、体の活力が生まれなくなりコリや疲れが発生しやすくなるります。またひどい場合には神経を圧迫し痛みを引き起こすこともあります。
さらに、体が硬くなると姿勢が歪み、正しく使われるべき筋肉が使われずに代謝が悪くなってしまうので、運動不足に輪を掛け太りやすくなってしまいます。
体の柔軟性を失う事で、これだけの悪循環を生み出してしまいます。
それを改善するには筋肉を柔らかくして血流を良くしていかなければいけません。
そこでストレッチが役立ってきます!

 

ストレッチの効果は?

ストレッチの効果は、運動前に準備体操の一環として行い怪我を予防するだけのものではありません。
ストレッチは、硬く縮んでしまった筋肉を伸ばし、本来の筋肉の長さに戻していく効果があります。
伸ばすことで柔らかくなった筋肉は、本来の血流を促すポンプ機能を取り戻し、酸素や栄養の供給を行い、老廃物や疲労物質を体外へ押し流していきます。
また、普段鍛えられない筋肉を刺激し、代謝を向上させたり、柔軟性を得ることでしなやかな体作りに役立ちます。
結果として、肩こり・腰痛改善、姿勢の歪み改善、疲労回復の他、運動不足解消、脂肪燃焼促進、運動能力向上、冷え性・むくみの改善、心身リラックスの効果が期待されます。
また体の柔軟性は、ストレッチを行っても放っておくとまた硬くなってしまいます。
なので正しいストレッチを継続することで体は徐々に柔軟性を高め、筋肉が弾力性を取り戻すことで柔軟性が保たれるようになります。

 

何秒くらいしたらいいの?

でも正直ストレッチってどれくらいの長さ行ったら良いかわからないですよね?
筋肉の中には「筋紡錘」とよばれる筋肉の状態を感知する感覚器があります。
筋紡錘は全身の筋肉の状態を、脳がコントロールできるように、一つ一つの筋肉の中に埋め込まれた「長さセンサー」のようなものです。
筋紡錘は、筋肉が強く引き伸ばされると、電気信号を出して脳に伝達させます。
すると、筋肉は、それ以上に伸ばされないように緊張してしまいます。
でも、ストレッチを深めていくには、筋肉を緩めなくてはなりません。
筋肉は、ストレッチが始まってから筋紡錘が反応を始めますが、30秒〜60秒ほど経過すると、筋紡錘の反応が弱まりやすくなります。
すると、筋肉がゆるみやすくなるのです。
なので体を柔らかくするためのストレッチの長さとしては30秒以上は伸ばし続けていく必要があります。
あとは呼吸は止めずに大きく息を吸い、大きく息を吐くように行っていただくとより効果が期待できます!
また体温が上がっている時の方がストレッチ効果が期待出来るのでお風呂上がりや運動後などに行うとより良いでしょう。

 

 

各筋肉のストレッチの方法はまた次回以降に伝えさせていただきますねo(^▽^)o

 

 

肩こり、腰痛、頭痛、背中の痛み、膝痛、産後の骨盤矯正、交通事故治療などでお困りの方は当院までお問い合わせください‼️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

Instagramも覗きにきてくださいねー!

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-888

投稿者: やわら整骨院

2018.10.17更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院の宇治山です。

気温も徐々に下がってきて皆さん体調は崩していませんか?

さて、今回は前回に引き続き腰痛改善、予防のためのトレーニングを紹介してきたいと思います。

 

腰痛は今や「国民病」と言われていて、何かしらの腰痛で悩まされている人は日本全国で4人に1人と言われています。

腰痛の原因は様々なのですが、ほとんどの原因が筋力低下や筋肉の柔軟性の低下が考えられます。
骨格を支えている体幹部の筋肉(腹筋や背筋)の筋力低下、骨盤周りの筋肉(太ももの前、後ろ、お尻)の柔軟性の低下によって、猫背や反り腰などの悪い姿勢になってしまったり、骨盤の動きが悪くなってしまったりして腰に過度なストレスが加わり腰に痛みが出てきます。
それを改善、予防するためには体幹トレーニングをしたり、下半身の筋肉のストレッチをすることがとても大事になってきます。

トレーニングの種類はたくさんあるのですが今回は腹筋と姿勢の保持やO脚改善にも効果的な内転筋を同時に鍛えれるトレーニングを1つ紹介させていただきます。

 

 

足入れ替え

足入れ替え

両手を体の後ろについて上体を少し後ろに倒します。
足を地面から浮かし開いた状態になります。

膝は曲げずしっかり伸ばします。

これがスタートポジションになります。

 

足入れ替え

 

膝を伸ばし右足を上、左足を下にするように足を交差させます。
出来るだけ大きく足を動かしましょう。
途中で膝が曲がらない様に注意しましょう。

足を交差出来たらまたスタートポジションに戻します。

足入れ替え

スタートポジションに戻せたら次は左足を上、右足を下にするように足を交差させます。

この動きをテンポよく繰り返していきます。

 

呼吸は止めず、足を開く時に吸い、閉じる時に吐きましょう。

左右合わせて20回×3セットを目安に行いましょう。

 

 

このトレーニングは負荷が少し高めのメニューなので腰に痛みや違和感がある際は行わないようにしましょう。腰に痛みや違和感がある際は整骨院や整形外科等の医療機関に受診し、症状が良くなってから予防のためのトレーニングとしてやってみてください❗️

 

首の痛み、肩こり、背中の痛み、頭痛、腰痛、膝痛、骨盤矯正、産後の骨盤矯正、交通事故治療等でお悩みの方はぜひ当院までお問い合わせください❗️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

インスタグラムも覗きにきてくださーい‼︎

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜

兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102

tel:078-934-8880

 

 

投稿者: やわら整骨院

2018.10.17更新

こんにちは、やわら整骨院です。

10月も中頃に入り、気温もだいぶ下がってきて体調を崩されてはいないでしょうか?

この時期は当院でも夏の疲れが溜まった状態で身体を動かして腰が痛くになったりする方が

多く見られますので、セルフケアや早めのケアを心掛けてくださいね

このブログを読んでもらっている方はセルフケアと聞いて何を思い浮かべますか?

ストレッチやお風呂にゆっくり浸かったり、よく睡眠を取ったり、、、

などを思い浮かべますよね。

もちろんそれらもセルフケアとして正解ですが、今日はトレーニングでの当院でできるセルフケアを

お伝えしていきます

20分間寝ているだけで腹筋6000回分の刺激を与える事ができる「JOYトレ」についてです

 

JOYトレとは?

ss

 

世界中で特許を取得した特殊な電流波形を通電することによって腹筋の深層にあるインナーマッスルという深い

部分にまでアプローチする機械です。

 

「JOYトレ」で期待できる効果

JOYトレでアプローチするインナーマッスルという筋肉は天然のコルセットとも言われている腹横筋や腹斜筋、腸腰筋

といった筋肉です。このインナーマッスルの筋肉は鍛えていかなければ20歳を境に1%ずつ落ちていくと言われています。

この筋肉が衰えていくと、肩こり、首の痛み、猫背、腰痛、膝の痛みを引き起こします。

このインナーマッスルが鍛えられると、腰の痛みが出にくくなったり、良い姿勢がキープできるようになったり、

階段の上り下りが楽になったり、一日を通して疲れにくくなってきます。

a

 

☆こんな方にはおすすめです☆

身体を鍛えたいとは思っているが、自分でできる自信がない、体力面が不安だ、自分で運動して痛くなるのが怖い

と思っている方です。

そのようなお悩みのある方は明石市大久保町のやわら整骨院までご相談下さいね☆

 

首の痛み、肩こり、背中の痛み、腰痛、膝痛、頭痛、骨盤矯正、産後の治療、交通事故治療はお任せ下さい❗️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/ 

インスタもやってます!イイねお願いします(^^)

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 

〜〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜〜

兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102

tel:078-934-8880

 

 

 

 

 

投稿者: やわら整骨院

2018.09.30更新

こんばんは!

明石市大久保のやわら整骨院の宇治山です!

みなさん台風の影響は大丈夫でしょうか?

今日は一日家でごろごろという方も多かったのではないでしょうか。

しっかり体を休めることは大事なことですが、健康な体作りのために家でトレーニングすることもすごく大事なことです。

そこで本日は家で簡単に出来るトレーニングをご紹介します!

腰痛予防にも効果的なトレーニングですのでぜひ参考にしてみてください。

 

腰痛は今や「国民病」と言われていて、何かしらの腰痛で悩まされている人は日本全国で4人に1人と言われています。

腰痛の原因は様々なのですが、ほとんどの原因が筋力低下や筋肉の柔軟性の低下が考えられます。
骨格を支えている体幹部の筋肉(腹筋や背筋)の筋力低下、骨盤周りの筋肉(太ももの前、後ろ、お尻)の柔軟性の低下によって、猫背や反り腰などの悪い姿勢になってしまったり、骨盤の動きが悪くなってしまったりして腰に過度なストレスが加わり腰に痛みが出てきます。
それを改善、予防するためには体幹トレーニングをしたり、下半身の筋肉のストレッチをすることがとても大事になってきます。

本日紹介するトレーニングは主に横腹(腹斜筋)を鍛えるトレーニングです。

 

バイシクル

バイシクル

まず両手を頭の後ろで組み、膝を伸ばして仰向けで寝転びます。

 

バイシクル

そこから背中を丸めながら右肘と左膝をタッチする様に上体を起こしていきます。

反対も同様に行い、交互に行なっていきます。

呼吸は止めず、上体を起こしていく際に息を吐き、戻す際に吸うようにしましょう。

一日20回×3セットを目安に行いましょう。

 

このトレーニングは負荷が少し高めのメニューなので腰に痛みや違和感がある際は行わないようにしましょう。腰に痛みや違和感があるある際は整骨院や整形外科等の医療機関に受診し、症状が良くなってから予防のためのトレーニングとしてやってみてください‼️

 

首の痛み、肩こり、背中の痛み、腰痛、膝痛、頭痛、骨盤矯正、産後の治療、交通事故治療等でお悩みの方はぜひ当院までお問い合わせください❗️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

〜〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜〜

兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102

tel:078-934-8880

投稿者: やわら整骨院

2018.09.27更新

こんにちは、明石市大久保町のやわら整骨院です。

日に日に涼しくなって過ごしやすい気候になりました。

 

今日は筋力低下と関節の痛みとの関係についてお話ししたいと思います。

 

関節の痛みや肩こり・腰痛の原因の多くは、筋力の低下である事をご存知でしょうか?

例えば、ねこ背の様な不良姿勢は背中の筋肉が弱くなることで、肩が内方に巻き込み首が前方に突き出した様になります。

お腹の筋肉が弱くなると、お腹が突き出て反り腰の姿勢になってしまいます。

 

姿勢2

 

不良姿勢が続くことで、関節・筋肉に過度な負担が蓄積され筋肉が硬く強張り血行不良となり痛みに変わります。

これが筋力低下からくる痛みのメカニズムとなります。

 

 

仕事や家事で動いているから私は運動不足ではないと思っている人が多いですが、仕事や家事で使う筋肉と身体や姿勢を保持する筋肉は別物です。

正しく筋肉を鍛えキレイな姿勢を手に入れることで5年後10年後も健康的で若々しくいられます。

 

当院ではマッサージや電気だけではなく運動療法(トレーニング)を積極的に行っています。

 

 

お身体の事でお悩みの方は、明石市大久保町のやわら整骨院まで、ご相談下さいね!

明石市大久保町のやわら整骨院の詳しい情報はこちら

         ↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

 

~~~~明石市大久保のやわら整骨院~~~~~

兵庫県明石市大久保町駅前2-11-2-102

078ー934ー8880

投稿者: やわら整骨院

2018.09.20更新

こんにちは、明石市大久保町のやわら整骨院です。

少しづつ秋らしい爽やかな気候になってきましたね。

しかしながら、まだ夏のような暑い日もあって変化に身体をあわせていくのが大変だと思います。

ここ最近は気温の変化や天気の悪い日が多く、患者様の中でも頭痛がするといった症状が出ている様に思えます。

そこで、今日は頭痛の種類について書きたいと思います。

頭痛の原因は、多数あり、その様々な理由で起きる血管の拡張と収縮が原因とされています。

あなたに起こっている頭痛がどのようなものかを理解することで、少し症状を和らげる事ができるかもしれません。

 

代表的な頭痛は2種類です

 

「偏頭痛」「緊張性頭痛」です

まず、偏頭痛の特徴から説明していきますね。

・身体を動かすと痛みが悪化する。

・光や音に敏感になったり、吐き気や嘔吐を伴う事がある

・頭の片側、もしくは両側が脈を打つようにズキズキ痛む

・前兆症状として、目の前がキラキラしたりギザギザ模様の光がみえたりする。

 といった症状が出やすいのが特徴です。

偏頭痛が起こる仕組みとしては、急激な温度変化などによって、こめかみ周辺や

脳の血管が拡張することで、周辺の神経を圧迫して痛みを発生させます。

 

次に、緊張性頭痛について説明します

緊張性頭痛の特徴としては、

・頭全体が締め付けられるような痛みが出る

・一定の痛みが長時間続く

・身体を動かす事で痛みが軽くなる

・目の疲れ、肩こりや首のこりを伴う事が多い

といった症状が発生します。

緊張性頭痛が起こる仕組みは、肩から首、後頭部周辺の血管が収縮し、

血流の悪化によって溜まった乳酸などの老廃物が神経を刺激して、痛みを発生させます

 

 

頭痛の種類に合わせた対処法が重要

 

頭痛に対するセルフケアについてですが、偏頭痛と緊張性頭痛によってケアの仕方が違ってきます。

 

偏頭痛のケア方法

 

痛い部分を冷やす(アイシング)する

こめかみを押して、血流を阻害する(やりすぎに注意)

血管収縮作用のあるカフェインをとる(コーヒー、緑茶など)

注意!運動や入浴は逆効果となります

 

 

緊張性頭痛のケア方法

入浴をしてみる

首肩まわりのストレッチを行う

軽い有酸素運動をする(ジョギングやウォーキング)

ストレスを感じ、心身の負担になっている状態から脱する(楽しくなるような事を行ったり、リラックスできるような環境を作る)

 

 

 

いかがだったでしょうか?

頭痛の種類に合わせたセルフケアで症状が改善することもありますので試してみて下さいね

セルフケアでも治りにくい場合は身体の歪みが原因になっていたり、自律神経が乱れているといった

自分では対処しにくい状態になっているかもしれません。

やわら整骨院では、高周波治療、骨盤、背骨矯正、鍼灸施術、運動指導を

組み合わせて、症状にアプローチしていきます。

お身体の事でお悩みの方は、明石市大久保町のやわら整骨院まで、ご相談下さいね!

明石市大久保町のやわら整骨院の詳しい情報はこちら 

         ↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/ 

 

~~~~明石市大久保のやわら整骨院~~~~~

兵庫県明石市大久保町駅前2-11-2-102

078ー934ー8880

 

 

 

 

投稿者: やわら整骨院

前へ