やわら整骨院ブログ

2017.05.25更新

5月ももう残すところあと1週です。ni
新入生の学生さん達は、学校生活やクラブ活動にもようやく慣れてきたころではないでしょうか?


こんな時期に起こりやすいスポーツ障害のひとつに「シンスプリント症候群」があります。

症状の特徴としては、下腿内側の骨の下1/3に痛みが起こります。
また、内側の筋肉と骨に平行してうずくような痛みが走ります。

原因としては①筋力②トレーニング量が挙げられます。

① 筋力の問題として最大の原因筋は後脛骨筋という筋肉で、膝の内側~内くるぶしに向けて付く筋肉になります。
また、構造的な問題として、足のアーチ(土踏まず)も関係しています。
通常、足のアーチがクッションとなり地面からの衝撃を吸収する役割を果たしますが、このアーチが潰れていると衝撃が吸収できなくなり、
さらに足の骨のアライメントも崩れ、下腿部に大きな負担となります。
② トレーニング量の問題は、シーズン初めなど急激に負担が多くなると当然負荷もかかります。
また、環境の一因として、コンクリートやアスファルトなど硬い地面で繰り返しランニングやダッシュを行うと
、先ほども述べたような筋肉や骨のアライメントに影響が出ると考えられます。

これらの症状は特にジュニア期~ユース期の学生の患者さんに多いのも特徴です。
早期の治療が競技復帰への近道になります。

次回は治療法についてです。お楽しみに!hand

投稿者: やわら整骨院

2017.05.22更新

前回の「テニス肘」の概要に続いて治療法についてです。

まずテニス肘を疑ったら…tennis

・安静を心がけます
→痛みがある際には、安静にした後症状が軽快してくればストレッチから始めます
・痛みはじめ、熱感がある際は患部を冷やす
→筋肉、腱の炎症を抑えるためにもアイシングは有効的です。
 10~15分(休憩5分)×4回くらいを目安に行ってください。
・痛みが強い場合に限り痛み止めや、テニス肘用のバンドを使用

(次に自身でできる予防について)

一度発症すると、完治までに長時間要し、再発率も高いため、症状がない状態でも予防をすることがとても大切です。
・肘周りの筋肉の強化
・運動前にしっかりとストレッチ・ウォーミングアップをする
・サポーターやテーピングの使用
・運動後は肘関節を十分にクーリングダウン、アイシングを行う

(有効な治療法)
・電気治療
・ストレッチ
・マッサージ
・超音波治療
・鍼治療
などが挙げられますが、中でも特に我々が得意なのがみられるのが鍼治療です。

繰り返しの動作で疲労する筋肉に対して直接アプローチすることができるので効果的だといえます。
短時間で驚くほど痛みも軽減できるので、こういった症状でお悩みの方は是非一度ご相談ください。


早期の治療が治るための近道です!glitter2

投稿者: やわら整骨院

2017.05.15更新

こんな症状ありませんか?
肘の外側が痛い。物をつかむと痛い、指先を動かすと痛い…

当てはまった方は「テニス肘(上腕骨外側上顆炎)」かもしれません。

テニス肘とは?tennis
プロのテニス選手でも多く見られ、成長期の子供や、激しい運動をしている若者、更にはテニスプレーヤーだけでなく、手を使う軽作業をする方や、パソコンを使う方々にもよくみられます。

【テニス肘の症状】
物をつかんで持ち上げる動作やタオルを絞る動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じます。多くの場合において安静時の痛みは少ない

以下の検査で肘の外側に痛みが誘発すればテニス肘を疑います。

・誰かに手を握って自分の手首を曲げておいてもらい、肘を伸ばしたままそれに抵抗して手首を伸ばす
・肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げる
・誰かに自分の中指を上から押さえてもらい、肘を伸ばしたままそれに抵抗して中指を伸ばす

【テニス肘の原因】
一般的には、年齢とともに肘の腱が痛んで起こり、主に手首を伸ばす動きをする筋肉が肘の外側にある上腕骨外側上顆についている腱の部位が小さく断裂することで、炎症が起きます。テニスなどのスポーツやオフィスでの事務作業で肘に負担のかかる動作を繰り返すことで、肘の腱にストレスが溜まり、発症します。 
更に、この小さな断裂を体が修復しようとしている最中に腕を使い続けると、骨に対して筋肉や腱が引っ張られ、ストレスが繰り返し与えられることになります。すると、腱の微小な断裂は修復が追い付かず、隙間ができたり、石灰が溜まったりして、本来の正常な腱の組織とは異なる状態になり、こうして一度発症すると長期化することが多い原因にもなります。

次回は対処法についてです。
お楽しみに!diredire

投稿者: やわら整骨院

2017.05.10更新

ツボのお話
我々の体には経穴(ツボ)と呼ばれるものが約360個存在します。
またそれは、経絡(気の通り道)上にある反応点なのです。

東洋医学では、ツボを使うと経絡の気の流れが良くなります。
気の流れが良くなると、内臓の働きが活発になります、内臓の働きが活発になると、人間の「自然治癒力」が高まり、病気が治ります。
また、西洋医学では、トリガーポイントという概念があります
トリガーポイントとは痛みを引き起こしている場所という考え方です。

(トリガーポイントは、以下の目的で治療に使われることがあります)
・神経を刺激して痛みを抑える
・血流を良くして痛みを抑える
・筋肉の緊張を和らげて痛みを緩和する

次にツボを簡単に見つけるコツを紹介していきます。
① ツボの多くは、表面がややくぼんでいるか、もしくは膨らんでいることが多い
指の腹で、うっすらなぞると凹んでいたりする感覚があります。
ただ、これは個人差と熟練された者でないと判別するのは難しいかもしれません。
② 押してみて痛かったり、気持ちいい場所はツボに相当する可能性が高いといえます。
③ ツボは筋肉の割れ目に存在していることが多く、押さえてみて筋肉のすじの割れ目に沿って探すと見つけやすい。

“たかがツボ されどツボ”
我々はこれらのツボを指標にマッサージや鍼を行っています。
とっても奥が深いです。
気になることがあれば、お気軽に訪ねてください。
プロが真剣にお答えします!!

投稿者: やわら整骨院

2017.05.10更新

こんにちは、明石大久保のやわら整骨院です。

前回の続きの膝外側部の痛みです。

腸脛靭帯炎とは体のバランスが崩れ、太ももの外側に重心や負担がかかり、お尻や脚の筋肉が硬くなりランニングなどで膝を屈曲する際に腸脛靭帯と膝の骨が擦れることによって炎症がおきます。

最初は引っ掛かる感じや脱力感などの違和感から始まりますが、それでも無理に動かしていると痛みに変わってきます。

要因としてはオーバーユース・筋肉や関節の柔軟性不足・硬い地面・下肢の歪みなどがあります。

治療としてはマッサージやストレッチなどがありますが、まずは安静にしアイシングや、テーピングで患部の炎症をとることが1番です。

その後に再発しないように下肢のアライメントを整え、柔軟性を出すようにマッサージやストレッチをおこなっていきます。

 

 

投稿者: やわら整骨院

2017.04.12更新

肩こり・肩の痛みなどが現れる代表的な疾患とその症状についての続きになります。

⊡変形性頚椎症
…無自覚の場合もあり、初期では肩こりや首の痛みなど。症状が進むにてれて、肩や腕の痺れ・後頭部に痛みが現れたり、動かす方向によっては首が痛くなったりする場合もあります。
さらに症状が進むと、手がしびれてボタンかけのような細かい作業ができなくなり、足の痙攣や痺れに伴う歩行障害、排尿障害が出ることもあります。
原因としては、頸椎の老化に関係し、椎骨と椎骨の間にある椎間板が薄くなったり、椎骨のふちに骨棘が出てくるため、周囲の組織である脊髄や神経根、血管を圧迫することが原因といわれています。

⊡頸椎ヘルニア
…首が動かせなくなるような痛みで始まることが多いですが、首のほかにも、肩・上腕・肩甲部の痛みや痺れ、脱力感が生じます。また、痛みや痺れは、腕から手にもその症状が現れます。重度になると、両手や下半身まで及び、物がつかみにくい・物を良く落とす・足がつっぱる・歩きにくいなどの症状へ進行することもあります。
(原因)
ヘルニアとは「飛び出す」という意味です。椎間板ヘルニアとは、文字通り中身である髄核が飛び出してしまう症状です。20歳代から始まる椎間板の「加齢的変化」や、「不良姿勢」などの背骨にかかる負荷の積み重ねのより、線維輪がふくらんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。この結果、脊髄や神経根を圧迫して症状が現れるのです。
好発部位として、C5/6(頸椎5番と6番)、C6/7(頸椎6番と7番)の椎間板が挙げられます。

⊡後縦靭帯骨化症
…無症状で自覚症状のない場合もありますが、手足に痛み痺れが挙げられ、ペンや箸がうまく使えないなどの手指の細かい作業がしづらく、足がつっぱって歩きにくいなどの症状が起こる。さらに排尿排便異常などの重い症状を伴う場合もあります。
(原因)
元来、柔らかいはずの後縦靭帯が何らかの原因になって骨化して肥厚し、頸椎や神経根を圧迫するため様々な障害を起こすものです。また、なぜ骨化するのか原因はよくわかっておらず、中年以降や糖尿病の人に多く発生頻度が高いという調査結果が報告されています。

⊡むち打ち症
…衝撃後、数時間~翌日になって首が動かしづらい、動かすと痛い、押すと痛いなどの痛みや、熱、頭が重い感じなどの症状がみられます。衝撃の度合いにより、症状も様々で、肩こりやこわばりの軽度のものから、後頭部や腕の痺れ、首や背中が動かしづらい、めまい・吐き気・全身の倦怠感、腰痛、視力障害、耳鳴りなどが起きることもあります。
(原因)
交通事故や、サッカーラグビーなどのコンタクトスポーツ中の接触事故などの衝撃により、首の部分が鞭がしなるように前後に連続して大きく動くために、筋肉、靭帯、血管、椎間板などが損傷されるものです。損傷の多くは「頸椎捻挫型」になります。

むち打ち治療(交通事故)は当院独自のメソッドがあり得意としている治療の一つです。
ぜひ一度ご相談ください。

投稿者: やわら整骨院

2017.04.12更新

肩こり・肩の痛みなどが現れる代表的な疾患とその症状についての続きになります。

⊡変形性頚椎症
…無自覚の場合もあり、初期では肩こりや首の痛みなど。症状が進むにてれて、肩や腕の痺れ・後頭部に痛みが現れたり、動かす方向によっては首が痛くなったりする場合もあります。
さらに症状が進むと、手がしびれてボタンかけのような細かい作業ができなくなり、足の痙攣や痺れに伴う歩行障害、排尿障害が出ることもあります。
原因としては、頸椎の老化に関係し、椎骨と椎骨の間にある椎間板が薄くなったり、椎骨のふちに骨棘が出てくるため、周囲の組織である脊髄や神経根、血管を圧迫することが原因といわれています。

⊡頸椎ヘルニア
…首が動かせなくなるような痛みで始まることが多いですが、首のほかにも、肩・上腕・肩甲部の痛みや痺れ、脱力感が生じます。また、痛みや痺れは、腕から手にもその症状が現れます。重度になると、両手や下半身まで及び、物がつかみにくい・物を良く落とす・足がつっぱる・歩きにくいなどの症状へ進行することもあります。
(原因)
ヘルニアとは「飛び出す」という意味です。椎間板ヘルニアとは、文字通り中身である髄核が飛び出してしまう症状です。20歳代から始まる椎間板の「加齢的変化」や、「不良姿勢」などの背骨にかかる負荷の積み重ねのより、線維輪がふくらんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。この結果、脊髄や神経根を圧迫して症状が現れるのです。
好発部位として、C5/6(頸椎5番と6番)、C6/7(頸椎6番と7番)の椎間板が挙げられます。

⊡後縦靭帯骨化症
…無症状で自覚症状のない場合もありますが、手足に痛み痺れが挙げられ、ペンや箸がうまく使えないなどの手指の細かい作業がしづらく、足がつっぱって歩きにくいなどの症状が起こる。さらに排尿排便異常などの重い症状を伴う場合もあります。
(原因)
元来、柔らかいはずの後縦靭帯が何らかの原因になって骨化して肥厚し、頸椎や神経根を圧迫するため様々な障害を起こすものです。また、なぜ骨化するのか原因はよくわかっておらず、中年以降や糖尿病の人に多く発生頻度が高いという調査結果が報告されています。

⊡むち打ち症
…衝撃後、数時間~翌日になって首が動かしづらい、動かすと痛い、押すと痛いなどの痛みや、熱、頭が重い感じなどの症状がみられます。衝撃の度合いにより、症状も様々で、肩こりやこわばりの軽度のものから、後頭部や腕の痺れ、首や背中が動かしづらい、めまい・吐き気・全身の倦怠感、腰痛、視力障害、耳鳴りなどが起きることもあります。
(原因)
交通事故や、サッカーラグビーなどのコンタクトスポーツ中の接触事故などの衝撃により、首の部分が鞭がしなるように前後に連続して大きく動くために、筋肉、靭帯、血管、椎間板などが損傷されるものです。損傷の多くは「頸椎捻挫型」になります。

むち打ち治療(交通事故)は当院独自のメソッドがあり得意としている治療の一つです。
ぜひ一度ご相談ください。

投稿者: やわら整骨院

2017.04.06更新

明石大久保のやわら整骨院です。

今回は膝の外側の痛みについてのお話です。

膝の外側に痛みを感じる人の多くは、歩き始めの屈伸時や、高低差のある場所を歩行した際に痛みを感じます。

基本的な原因は、重心が外側の一部に集中することで負担がかかり、炎症を起こす為です。

マラソン・ランニングなどの長時間の歩行を有する運動は、脚に負担がかかりやすいために痛みの原因となる場合があります。

また、卓球・テニス・野球などは横方向への体のひねりが多いスポーツを続けている人は、痛みを感じることがあります。特に、X脚の方は左右の重心がアンバランスなために、過剰な膝のねじれが影響で痛みを抱えやすいです。

病態の代表的なものとしては、

腸脛靭帯炎、有痛性分裂膝蓋骨、外側側副靭帯損傷、外側半月板損傷などがあります。

詳しくは次回お伝えします。

投稿者: やわら整骨院

2017.04.05更新

肩こり・肩の痛みなどが現れる代表的な病気や、簡易的な鑑別法と症状とその治療法について。


⊡頚肩腕症候群
…さまざまな原因によって、首、肩、腕にかけてのつっぱり感や痛み、しびれなどはっきりとした診断がつきにくい症状の総称です。
症状としては、肩こり・頭痛・上肢の痛みや痺れ・めまいなどが挙げられます。
原因についても、頸椎椎間板の異常、首・肩の筋肉の疲労、ストレス、内臓疾患など様々で
打撲による外傷、むち打ち症のあとや、首や肩に負担のかかる長時間同じ姿勢による特定の筋の疲労によるものが多くみられます。

⊡肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
…特に原因もなく自然に肩が痛み、腕が上がらなくなるなど、老化とともに肩関節が痛んだり、動きが以前より悪くなるものです。
症状としては「肩が上がらない」「夜間に痛みが走る」「動作開始時に痛む」など
原因は、肩関節周辺の筋・腱・靭帯・関節包などの組織が炎症・拘縮を起こすことによります。痛みや炎症は、周囲筋を固くしてスムーズな動作を阻みます。さらにこれが痛みを増強させ、より動かしにくくなるという悪循環が繰り返されるのです。

⊡胸郭出口症候群
…はじめに、胸郭出口とは、「鎖骨と一番上の肋骨の間にある間隙」のことを指し、この間隙が狭くなることにより、そこを通っている神経や血管を圧迫するために、肩・腕に様々な症状が出るもの。特徴として「手を上にあげると痛みが起こる」が挙げられ、症状として」多いのは「肩や首の凝り・痛み」「腕から手にかけての痺れだるさ」があります。
なで肩の女性に多く見られる傾向があるともいわれ、姿勢の悪さや精神的なストレスが加わると起こりやすいと考えられています。

症状の紹介は次回に続きます。

投稿者: やわら整骨院

2017.03.27更新

今回は「肩こりを起こしやすい体型」についてですnamida


ここでは頸、肩関節がとても重要になってきます
頸椎の特徴は、胸椎や腰椎に比べて前後左右、捻じるなど、可動域が大きい部分です
可動域が大きいのと同時に、人間の成分では3~4kgもある重い頭部を支えるという役目も担っています。この重い頭部を支えながら、前後左右、捻じるなどの動作をしなくてはならないため、頸椎には絶えず負担がかかり続け、その結果頸椎を支える特定の筋肉に疲労が生じ、肩こりの原因になります。
肩関節も同様に負担がかかる役割を担っています。
肩関節はそれぞれ左右7つの関節が連動しており、様々なバリエーションで大きい動きをします。そして、頸椎同様に重い腕を支えながらさまざまな動きをする結果、五十肩など肩関節の故障を引き起こします。

また筋肉に着目すると、肩こりに最も深くかかわる筋肉は「僧帽筋」であるといえます。
この僧帽筋が担う役割は、重い頭の角度を保つとともに、上体を起こしている間、左右合わせて10kgにもなる腕を支えるなど、日常生活でも酷使されるため、疲労がたまりやすいのです。特に、なで肩で筋力の弱い女性にとっては、とても疲労がたまりやすい筋肉だといえます。
さらに猫背のように、頭の位置が前に出ると、当然頭の重心が前へ移ります。このとき、肩や首の筋肉は、正常な姿勢に比べ、その位置を支えようとして余計に疲労してしまい肩こりを引き起こしてしまうのです。このことは、猫背気味の人に肩こりが多いといわれる所以でもあります。

最後に、今回ご紹介した関節の痛み、猫背の矯正は当院で治療することができます。
お気軽にご相談くださいnico

投稿者: やわら整骨院

前へ