やわら整骨院ブログ

2019.06.12更新

ダイエット

前回に引き続き今回は正しい食事の摂り方、特に正しい糖質の摂り方についてお伝えします。
現在、減量をする人の中でも糖質制限を取り入れている人は多くいます。しかし、糖質を極端に減らしてしまうと、疲れやすくなったり、集中力が欠けてしまったりします。また、長時間糖質を減らしたり、食事量全体を減らす生活をすると、めまいや頭痛などの慢性的な体調不良に陥る場合もあります。
しっかり知識をつけ、正しい糖質の摂り方をする必要があります。

 

まず、糖質とは?
糖質=炭水化物と認識されている方は多いかと思います。しかし、炭水化物は糖質と食物繊維で構成されています。なので糖質と炭水化物が全く同じ成分というわけではありません。
糖質のほとんどは、体内に入ると消化器官でブドウ糖へと分解され、全身の細胞で使用されます。ブドウ糖は脳を動かしたり、全身の細胞に酸素を送るエネルギー源になったりと生命維持に必要不可欠な存在です。

 

糖質を摂りすぎるとどうなる?
生命維持に必要な糖質ですが摂りすぎも身体にとって悪影響を及ぼします。
摂取した糖質は、ブドウ糖に変化して肝臓に入ります。そこで肝臓で吸収しきれなかったブドウ糖は筋肉に蓄えられます。それでも摂取量がエネルギー消費を上回って余った場合、肝臓や脂肪細胞で中性脂肪となり蓄えられます。これがいわゆる脂肪というものになります。
糖質を必要以上に過剰摂取し続けると太ってしまいます。
また、中性脂肪が大量に蓄えられると肥満や糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞など、最悪の場合、死に至るケースもあります。

 

糖質の正しい摂り方
まず人が糖質を摂ると身体の中の血糖値が上がります。
血糖値が上がるとインスリンというホルモンが血糖値を抑えようとして分泌されます。
この時に、血糖値を炎と考えると、血糖値の上がり方が急な時『GI値(グリセミック指数といい、食品ごとの血糖値の上昇度合いのこと)が高いものを食べた時』はすぐに炎を消そうとして、身体はインスリンという水を、たくさんかけようとします。その結果必要以上に身体がインスリンを炎にかけてしまうのでインスリンの過剰分泌が起きてしまいます。この過剰分泌されたインスリンが身体の糖質を身体に貯めておこうとして、結果脂肪に変わります。
逆に、血糖値の上がりが緩やかな『GI値の低い物を食べた時』は、「身体はこれくらい大丈夫か」と思い、血糖値という炎にそれ相当の水(インスリン)しか掛けようとしません。
結果的に身体から分泌されるインスリンが少なくなります。
そしてインスリンが身体に残ることも少ないので脂肪に変わることもありません。
結論、体重を落とすためにはGI値の高いものを摂取するよりもGI値の低い物を摂れば良いということです。

GI値の高い食品
白米、パン、かぼちゃ、じゃがいも、せんべい、チョコレート、はちみつ、ドーナツ、パンケーキ、クロワッサン、ハンバーガーなど

GI値の低い食品
春雨、そば、玄米、レタス、キノコ類、ピーマン、ブロッコリー、ナッツ類、牛乳、ヨーグルト、チーズ、バター、りんご、いちご、大豆、大麦、グレープフルーツ、すももなど

 

例えば、いつも白米を食べている方は白米を玄米に代えてみたり、お菓子でチョコレートを食べている方はピーナッツやバターに代えてみたりなどするといいでしょう。
健康のために意識的に出来るだけGI値の低い食事を心がけましょう!
当院でも栄養指導を行っているので気になる方はぜひ当院までお越しください!

 

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102

Instagramも覗きにきてくださーい

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 LINEからもお問い合わせ可能です

https://line.me/R/ti/p/%40nus5251h

投稿者: やわら整骨院