やわら整骨院ブログ

2019.02.27更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院です!
今週に入り、だいぶ気温が上がってきましたね!
皆さん、暖かくなってきた今からの時期、何に注意が必要かわかりますか?
もうすでに症状が出てきている方はいらっしゃるのではないでしょうか。目のかゆみ、鼻づまり、くしゃみなどの症状は出てきていませんか?
その症状はもしかすると花粉症のせいかもしれません!
そこで今回はこの時期、たくさんの方が苦しまれている花粉症についての記事を書かせていただきます!

花粉症

 


花粉症とは
現在、日本人の約25%が花粉症の症状で苦しめられたり、悩まされたりしているといわれています。
花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。
原因となる花粉が飛ぶ季節にだけ症状が出るという特徴があります。
日本では、約60種類ほどの植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
主なアレルゲンとしてはスギ、ヒノキ、ブタクサ、イネ、カモガヤ、オオアワガエリ、シラカンバなどがあります。
皆さんもテレビや新聞などで聞いたことのあるアレルゲンがあるのではないでしょうか。

 


花粉症の主な症状
鼻の三大症状といわれているくしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく、目のかゆみや涙、充血などを伴う場合が多く、その他に喉のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
また今年は皮膚のかゆみを伴う事が多いという報告もあるみたいです。
また、シラカンバやハンノキ、イネ科の花粉症などの人がある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなったり、腫れたりする『口腔アレルギー症候群』という症状もあるみたいです。

 


花粉症のメカニズム
まず人間の体は、花粉という異物(アレルゲン)が侵入すると、まずそれを受け入れるかどうかを考えます。
そこで排除すると判断した場合、体はこれに反応する物質を作る仕組みをもっています。この物質を抗体と呼びます。
抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。
その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉を出来る限り体の外に放り出そうとします。その方法として、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水や涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないように防御するなどがあります。これがいわゆる花粉症の症状として出てきている感じです。

 

 


これらが主な花粉症の症状、メカニズムになります。また次回以降、対処方法等を更新していきますね❗️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-8880

 

Instagramも覗きにきてくださーい❗️

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

投稿者: やわら整骨院