やわら整骨院ブログ

2018.12.19更新

こんにちは、明石市大久保のやわら整骨院です!

今回は寒くなってきた今の時期にたくさんの方が悩まされている「冷え性」について書かせていただきます!

冷え性 女性

 

冷え性とは

手先や足先、末梢の血液の循環が悪くて冷えて冷たくなってしまう症状です。
比較的冬に起こることが多いですが、夏でも長時間クーラーのかかった部屋などにいても冷え性の症状が起こる場合があります。
体の熱を起こす筋肉の量が男性に比べて少ない女性に多い症状のひとつです。
ひどい場合には痛みを感じることもあり、しもやけやあかぎれにもつながってきます。
また人間は体温が下がると眠くなるので、眠りに入るとき、体は体温を下げて熱を放散し、皮膚体温が上がります。しかし、就寝前に手足が冷たいと体温が下がらないので、眠れなくなってしまい不眠症にもつながってきます。

最近、夜寝つきが悪くなかなか眠れない方は冷え性の可能性があります。


冷え性の改善方法

①ストレッチをする
冷えを感じたら、足の筋肉(特にふくらはぎ)や手の筋肉(前腕部の筋肉)をストレッチしてあげるとよいでしょう。筋肉を伸ばすことによって筋肉を刺激し筋ポンプ作用が活性化し血流がよくなっていきます。血流がよくなることによって筋組織の老廃物等を流してくれ、冷え性解消につながってきます。簡単に血行促進効果が得られます。

②お風呂に長く入る
入浴には、冷えの解消に効果的な温熱効果や、水圧による血行やリンパの流れの促進などの効果が期待できます。また38~40℃くらいの少しぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が優位になり、血行促進やリラックス効果も期待できます。
さらに末端の冷えには入浴中の足のマッサージが有効です。特に第2の心臓と言われるふくらはぎや、冷たくなりやすい足先や足裏はしっかりとほぐして隅々まで血液をめぐらせると良いです。

③お腹を温める
重要な器官が集中している内臓が冷えると体は内臓を温めようとするため、血液は中心部であるお腹へ集中し、手足の末端まで行き届かなくなり冷え性につながります。腹巻やカイロなどで意識的にお腹を温め、体内の血液の偏りを防ぐことも大切です。

④軽い運動をする
筋肉を動かすことで血行が促進されるので、日常的に体を動かす習慣をつけることが大切です。まずは通勤経路などで1駅分歩いてみたり、普段エスカレーターを使っているところを階段を使うようにするなど、日常生活で体をいつも以上に動かす工夫をしてみてください。慣れてきたら、ウォーキングやスクワットなど軽い運動を始めると効果的です。

⑤タンパク質を多く摂る
体温を上げる熱を作るには、効率良く熱の材料となり、筋肉作りに必要な良質なたんぱく質を摂取することが大切です。
また、女性は一般的に男性に比べ身体活動量が少ないので、タンパク質を十分に摂取することが冷え性改善につながってきます。
タンパク質が多く含まれる食材としては肉類や赤身の魚、卵、大豆製品、乳製品などに豊富に含まれています。
これらを食べることによって熱を生み体温を上げ冷え性の改善につながっていきます。

 

 


これらの改善方法を参考に生活して寒い冬を乗り超えていきましょう!

 

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-8880

Instagramも覗きにきてくださーい↓

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 

 

投稿者: やわら整骨院