やわら整骨院ブログ

2018.10.24更新

こんにちは、明石市大久保町のやわら整骨院です。

最近また朝夕の寒暖差が大きくなってきましたね。このブログを読んでくださっている皆様におかれましては

体調を崩されない様にご自愛下さいね。

今日は姿勢とそれに関する肩の症状についてブログを書きたいと思います。

皆さん「いかり肩」「なで肩」といった肩が関係する姿勢の状態は聞いた事はあるのではないのでしょうか?

この、「いかり肩」「なで肩」には男女でなりやすさに違いがあるのです。

男女比では男性は「いかり肩」女性は「なで肩」が多い傾向にあると言われています。

 

ここで、「いかり肩」と「なで肩」の特徴について書きたいと思います。

 

いかり肩

いかり肩は肩が地面の方向に落ちようとする重力の力に対して首や肩の僧帽筋といった筋肉が必要以上に

反応して肩が上がってしまっているような姿勢となります。

このいかり肩は、首の筋肉や肩の筋肉が過緊張を起こし、神経を圧迫して痛みを発生させやすいのです。

 

なで肩

なで肩は、いかり肩に対して肩が下がって見える姿勢なのですが、肩が重力で地面の方向に落ちようとする力に

筋肉が対応できず、腕や肩甲骨の重みによって神経が引き伸ばされてしまい神経症状が出てしまいます。

 

 

いかり肩では神経や筋肉を圧迫してしまい、なで肩では筋肉の弱化により神経や筋肉に牽引力がかかります。

このような状態が続くと筋肉に負担がかかり、痛みのもととなるトリガーポイントが形成されてしまいます。

この状況をつくりだしているのは普段の姿勢と筋力の低下が原因と言われています。

大久保のやわら整骨院では、痛みやコリをとって症状を改善するのはもちろんのことですが、

姿勢やお身体の歪み、筋力低下に対してもアプローチしていきます。

最近疲れがとれにくくなってきたなどのどんな悩みでも結構ですので、お身体に不安がございましたら

明石市大久保町のやわら整骨院までご相談下さいね☆

 

肩こり、腰痛、頭痛、背中の痛み、膝痛、産後の骨盤矯正、交通事故治療などでお困りの方は当院までお問い合わせください‼️

当院の詳しい情報はこちら↓

https://s.ekiten.jp/shop_3066508/

Instagramも覗きにきてくださいねー!

https://www.instagram.com/yawara_akashi.okubo

 

〜〜〜明石市大久保のやわら整骨院〜〜〜
兵庫県明石市大久保町駅前2ー11ー2ー102
tel:078-934-8880

 

 

 

 

投稿者: やわら整骨院